半径: オフ
半径:
km Set radius for geolocation
検索

時鮭・トキシラズを食べてみてください。

時鮭・トキシラズを食べてみてください。

和商で鮭を選ぶ前に、知っておきたい事は、前に書きました。

(詳しくはこちらへ)

今回は、日本近海で捕れるシロザケの中のブランド鮭に着目したいと思います。

まずは、最近東京の居酒屋でも有名になっているのでご存知の方も多いと思います。

時鮭(トキシラズ)のご紹介から行きたいと思います。

時鮭・トキシラズ と呼ばれるこの鮭は、秋鮭(秋味)と違って、

地元釧路では、古くから、春から夏にかけて捕れる貴重は鮭として楽しんできました。

この時鮭(トキシラズ)は、秋味と同じシロザケです。

違うのは、生まれ故郷。

秋味は、北海道の川に生まれて産卵のために北海道の川に戻ってきた鮭で8月から漁が始まります。

これに対して、時鮭(トキシラズ)はアムール川などのロシアの河川に遡上すると想定される鮭で,

回遊中に日本の領海内を通る時に捕獲されます。

水揚げされるのが5月から7月と、秋味より早いために、時を間違えた鮭。「トキシラズ」と呼ばれているのです。

時鮭(トキシラズ)の特徴は,何より脂ののりです。

これからロシアまで帰る産卵までにまだ時間のある鮭なので秋鮭に比べると3~4倍の脂があります。

この時鮭(トキシラズ)の中でも近海を通るもが高級品です。

浜から近いことから、活きのの良い状態で水揚げすることが可能だからです。

どうでしょう。。釧路近海の定置網で穫れた高級鮭を一度お試しください。

ロシアまでおかっけていって捕ってくる鮭とは、全く味が違います。

(これを時鮭(トキシラズ)と言っている業者さんもいます。)

東京のスーパーや居酒屋では、見ることのできない、

本物の時鮭(トキシラズ)をお楽しみください。

次は、シロザケの王者・幻の鮭・鮭児をご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です