半径: オフ
半径:
km Set radius for geolocation
検索

釧路といえば・・”鮭”の話

釧路といえば・・”鮭”の話

釧路の海産物と言ってみなさんが最初に思い浮かぶのは

鮭ではないでしょうか?

お正月にアメ横で叩き売りをしている新巻き鮭は象徴的です。

鮭をサーモンと言い始めたのはいつ頃なのでしょう?

いつから、サーモンを刺身で食べ始めたのでしょう?

昔の釧路人は、サーモンの寿司は食べません。

天然の鮭はオキアミ(エビみたいなやつ)をエサとしています。

しかしそのオキアミが寄生虫であるアニサキスの幼虫を宿しているので、

鮭はオキアミをエサとして食べると同時にアニサキスの幼虫を体内に寄生させてしまう可能性があるのです。

ちなみに鮭の身が赤いのもイクラが赤いのもオキアミを食べているからです。

だから、加熱処理した鮭しか食べません。

今、お刺身でいただいているサーモンはすべて養殖です。

養殖のサーモンはドライペットという乾燥した餌で育ちますので、アニサキスの心配はありません。

スーパーではチリ産は冷凍、ノルウェー産は生で売られている場合が多いです。

スーパーでは、天然ものを鮭。養殖輸入ものをサーモン と区別しています。

が、、

鮭の名前は、こんなに簡単ではありません。

もうちょっと深堀してみましょう。

日本の近海は基本的にシロザケだけが獲れます。これを日本人は鮭と呼んできました。

そして、このシロザケ以外の鮭にはマスの名前をつけて区別してきました。

たとえば、北海道近郊でしか獲れないカラフトマス。

シロザケよりちょっと小さいこの鮭をマスの名前で区別しています。

その後、日本人の行動範囲が広がるにつれ、ベニザケやギンザケとも出会うのですが、

英語でサーモンと呼ばれていたことから

サケの名前付られています。

日本近海では獲れない鮭にはサケの名前をつけて区別してきたのです。

一方で、英語語圏では

鮭はタイセイヨウサーモンサーモンに対してサーモンと名付けられていました。

その後、行動範囲が広がるにつれ、いろいろなサーモンを発見するのですが、

川で生まれて海で育ち川に戻る種類のものをサーモンとよび、

川から出ることなく一生を終えるものをトラウト(マスの英語訳)と呼びました。

ですので、前述のカラフトマスは英語ではピンクサーモンという名前がつけられています。

こうして、鮭、マス、サーモン、トラウトという呼び方の語源の違いから、

鮭とマスの境界線が非常に曖昧なものになってしまったのです。

さて、、次は、みなさんが鮭と呼んで抵抗のない鮭の種類についてもうちょっと深堀してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です