半径: オフ
半径:
km Set radius for geolocation
検索

鮭児・幻の鮭とは?

鮭児・幻の鮭とは?

前回はブランド鮭・時鮭(トキシラズ)をご紹介しました。詳しくはこちらへ

今回は、シロザケの王者・幻の鮭・鮭児をご紹介します。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

10000本に1~2匹しかとれないという幻の鮭です。

私も、2、3回しか食べた記憶がありません。

鮭の児の名の通り、秋に産卵回遊してきたもののなかに混ざった未成熟の個体(サケの児)という意味です。

本来翌夏にロシアのアムール川水系に遡上するものが迷い込んだものとされ、

秋味に迷い込んできたアムール川の夏サケの児なんです。

鮭児は小型で2kg台が中心。

おなじ網で獲れる鮭「アキアジ(シロサケ)」は3kg前後あり、6kgも珍しくはないことを考えると

とても小型のサケです。

刺身で食べるとサケの風味のする筋のないトロといった感じ。口の中でとろけ、

(天然サケを生で食べる場合は自己責任です。寄生虫の可能性は完全否定できません。)

塩焼きでは、中側からふわっと膨らんで軟らかく芳醇でジューシーでです。

さて、、お値段ですが、

最近の鮭児バブルはすごいですね。

一本30万円以上というお店もあります。

お土産にどうですか? 気軽には言えないですね。。

普通の秋味・・十分うまいです。

http://fieldnotekushiro.com/note/釧路といえば・・鮭の話/

ぜひ、トライしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です