半径: オフ
半径:
km Set radius for geolocation
検索

幣舞橋(ぬさまいばし)は、北海道釧路市の釧路川に架かる橋。
幣舞の名前はアイヌ語の「ヌサ・オ・マイ」(nusa-o-mai 幣場の・ある・ところ)が由来とされている
幣舞橋は、1889年(明治22年)に北海道内で最も長い木橋「愛北橋」(全長207m、幅3.6m)として架橋されたのが始まりである。
1928年(昭和3年)、およそ4年の歳月をかけて永久橋(全長113m、幅18.3m)が完成。歩道と車道が分けられ、車道は片側2車線になった。
優雅なアーチを描くヨーロッパ風のデザインと橋上に設置された四基の大理石によるオベリスクは、頑丈なだけでなく美しさも兼備しているとして高く評価され、豊平橋(札幌市)、旭橋(旭川市)と並んで「北海道三大名橋」と称された。
1976年(昭和51年)、老朽化と渋滞緩和を目的に新たな橋が架橋された。
設計は市民参加型で行われ、四基のオベリスクやアーチ型などは旧橋の面影を残しながら新たな試みを採用し、橋脚上には4人の彫刻家による作品「四季の像」が設置されている.
釧路の夕日の名所。
夕方には多くのカメラマンや観光客が橋を訪れる。

アドレス

住所:

北海道釧路市北大通1丁目

GPS情報:

42.98151656921669, 144.38546252909362

電話:

-

メール:

-

ウェブ:

-

レビューを書く

価格
場所
スタッフ
サービス
料理
公開する
あなたの評価が送信されました
全てのフィールドを記入してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です